全国の情報交流会Indicates Possessive

説明

一般財団法人セブン-イレブン記念財団と地域の中間支援組織で共同主催する情報交流会の紹介です。

北海道:認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク(きたネット)(札幌)
東  海:NPO法人地域の未来・志援センター(名古屋)
近  畿:特定非営利活動法人近畿環境市民活動相互支援センター
     (エコネット近畿)(大阪)
九  州:NPO法人九州環境サポートセンター(熊本)

 *近畿は、別途ページをご参照ください

東京

■東京の緑の団体大集合!東京の緑を守ろうプロジェクト助成団体大交流会■

東京の緑に関わる団体が集まって交流するイベントを開催します! 東京の緑を守ろうプロジェクト助成団体による活動紹介や 市民団体の資金調達についてのレクチャー、団体同士の交流タイムもあります! 助成団体でなくてももちろん参加OK!都内で活動するいろんな緑の団体とつながるチャンスです。 お誘いあわせのうえぜひご参加ください!

〇主催:東京の緑を守る将来会議/一般財団法人セブン-イレブン記念財団/東京都
〇開催日時:平成30年10月28日(日)13:00~16:00(受付12:45~)
〇会場:都庁第二本庁舎1F 二庁ホール(JR新宿駅西口から徒歩10分)
〇参加費:無料
〇定員:100名(先着順)
〇プログラム:  ・オープニング  ・緑を守る活動紹介(下堰緑地の会、PCT園芸クラブ、NPO法人グリーンネットワーク・ジャパン、   由木西グリーンファミリーズ)  ・レクチャー「市民団体の資金調達について」  ・ワークショップ「東京にみどりをふやすアイデアをシェアしよう」
〇持ち物:会場内に資料コーナーをご用意しております。   団体のパンフレットなどがあればぜひお持ちください。部数は何部でもOKです。
〇申し込み方法:メールまたはFAXにて下記必要事項をご記入のうえお申し込みください。

<必要事項>名前、団体名(あれば)、メールアドレス、電話番号、FAX、住所
<申込先> Mail:info@tokyo-midori.net FAX:042-439-5132
〇申し込み締め切り:10月27日(土)
※詳細は後日こちらのHPにアップいたします http://www.tokyo-midori.net

■お問合せ 東京の緑を守る将来会議(担当:中倉) E-mail info@tokyo-midori.net
〒188-0011 東京都西東京市田無町3-10-9
TEL 042-439-5353 FAX 042-439-5132 HP http://www.tokyo-midori.net
東京の屋敷林HP:http://nakakura.wix.com/yashikirin01
■facebook・twitter更新中!東京の緑を守る将来会議で検索♪

☆東京の緑を守る将来会議は、セブン‐イレブン記念財団の助成金をいただき活動しています 
「みどりのリノベーション講座」   東京の緑を守る将来会議 / セブン-イレブン記念財団
東京都内では、畑や雑木林、屋敷林や空き地など、緑の空間が減少を続けています。
既存の緑を残したいと考える土地の所有者がいる一方で、理想だけでは緑が残っていかない現実があります。
そこで、本講座では、国分寺市内のモデルエリアを舞台に、緑を資源とした実践的な土地活用の方法について学びます。
既存の緑を活かした土地活用には、敷地内の緑地や建物の活用方法といった空間・施設用途のデザインに加え、
エリア・事業・時間・コミュニティそれぞれの目線でのプランを総合的にデザインする必要があります。
この講座では、講義だけでなく、国分寺市内をモデルエリアとして、学んだ知見を応用して事業計画を立案します。
そして、企画案を実際に土地所有者に対し提案するという体験を通して、実践的な手法を身に着けます。
「緑を残したい!」という想いを持つ仲間とともに、新しい事業プランをつくりましょう!
詳細はこちら → http://www.tokyo-midori.net/renovation_h30.html
【日 時】本講座は、3日間の連続講座です。
  8/31(金)9:45~17:00
  9/1 (土)9:45~16:30
  9/8 (土)9:45~14:30
【開催場所】
  8/31(金)国分寺市役所 書庫棟 会議室
  9/1(土)・9/8(土)JA東京むさし 国分寺支店2階 ホール
【参加費】全3回15,000円(昼食、交流会費含む)
【定 員】定員30名(先着順) ※3日間の日程全てにご参加頂ける方を優先させていただきます
【主 催】東京の緑を守る将来会議
【共 催】(一財)セブン-イレブン記念財団
【後 援】東京都、国分寺市 ※交流会を除く
【協 力】株式会社チームネット、NPO法人NPO birth
【対 象】市民、NPO、農業者、ディベロッパー、土地所有者、自治体職員、コンサルタント、事業者などなど、緑を活かした土地活用に関心のある方ならどなたでも。
【ゲスト】
  甲斐 徹郎氏 株式会社チームネット 代表取締役
  田村 誠邦氏 株式会社アークブレイン 代表取締役
  諸藤 貴志氏 株式会社アグリメディア 代表取締役
  峯岸 祐高氏 株式会社corot 代表取締役、ところ産食プロジェクト事務局
  NPO法人里山プロジェクトみなみ
  国分寺市内でご活躍のみなさま
【申込み方法】
メール又はFAXに下記必要事項をご記入の上、お申込み下さい。
 <必要事項>
1)名前 2)所属 3)住所 4)電話番号 5)FAX 6)メールアドレス
※参加費は講座初日に徴収させていただきます。
※今回お預かりした個人情報は厳重に管理し、当講座の運営及び当団体の事業に関する目的以外に使用したり、許可なく他人に提供すること等はいたしません。
■mail info@tokyo-midori.net
■FAX 042-439-5132
【詳細・問合せ】
東京の緑を守る将来会議(NPO法人 NPO birth内)
■住所 〒188-0011東京都西東京市田無町3-10-9
■mail info@tokyo-midori.net
■TEL 042-439-5353
■URL http://www.tokyo-midori.net
昨年の様子はこちら
http://www.tokyo-midori.net/report_up20180227.html


セブン-イレブン記念財団が運営している「高尾の森自然学校」のイベントご案内です。

【第4回緑地保全団体の情報交流会】~緑地保全団体と若者のマッチング!~

緑地保全活動を行っている団体の大きな課題の1つとして、組織の高齢化や若手不足が
あげられます。その団体の課題可決に向け、アクティブに活動をしている学生団体や
若手グループとのマッチングを行っている事例を聞き、
若者との協働、活動の活性化を図かっていきます。
※会場ではみなさんの活動紹介もできます。パンフ・チラシなどご持参ください。
 
■日時 2018年3月16日(金)13:30~17:00(13:10受付開始)
■場所 高尾の森わくわくビレッジ 2階 研修室2(住所:東京都八王子市川町55)  
■定員 70名 ※先着順 
■対象 (1)緑地保全活動をしている非営利団体の方
           (2)緑地保全活動を現在行っている、今後活動を
               計画している企業/団体/行政の方
           (3)緑地保全に興味・関心のある大学生
■参加費  500円(資料代込み)
■プログラム
13:10 受付開始
13:30 開会
13:35 事例発表
        (1)「認定特定非営利活動法人 JUON(樹恩) NETWORK」
        (2)「認定特定非営利活動法人 自然環境復元協会」
        (3)「認定特定非営利活動法人 FoE Japan」
        (4)「サニーサイドアップグループ((株)ワイズインテグレーション)」
        (5)「特定非営利活動法人千葉大学環境ISO学生委員会」
        (6)「源流放課後の会」
        ※高尾の森自然学校
14:40 休憩
14:50 情報交換ワークショップ 「マッチングを図ろう!」
16:30 発表・まとめ
16:45 交流会(名刺交換)
17:15 終了
 
■申込締切 3月9日(金) 
■申込方法
イベント名と日時、参加者全員の氏名、年齢、住所、電話番号
(FAXでお申し込みの方はFAX番号)、参加動機または当日知りたいことを記入し
メール、FAX、郵便のいずれかの方法で高尾の森自然学校へお送りください。
■詳細 ※HPの詳細ページは現在修正中です。しばらくお待ちください。
※ ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
 
********************
高尾の森自然学校
運営:一般財団法人セブン-イレブン記念財団
〒193-0821 東京都八王子市川町705-1
Tel:042-673-3844 Fax:042-673-3945
takao-sizengakkou@7midori.org
********************

北海道

北海道の生物多様性を守る、新しい力
〜きたネットフォーラム2017
森、川、海、自然が人を育て、人が自然を活かす〜知床の事例を中心に〜

20名を超える登壇者陣で開催します!
ーーーー

北海道の環境活動のネットワーク「きたネット」の年に一度のフォーラム。
今年は、中村太士氏をお招きして、知床の取組みを学びながら、次世代の環境保全を担う地域の力を育てていくために、
私たちは、何を学び、どんな支援を行っていくべきなのかを考えます。
午後は生物多様性・森林保全活用・環境教育の各テーマで、3つの分科会。地域で活躍する次世代リーダーや新しい取組みを実践する方に、お話をうかがいます。

プログラム

10:00 開会・ご挨拶

10:15 基調講演(定員120名)
【森・川・海・人の繋がりで、北海道の生物多様性を守る】 
     講師 中村 太士 氏(北海道大学大学院農学研究院教授)
  内容/森林と川のつながり、生態系間の相互作用について
   流域の視点から研究し、環境保全活動につなげてい
   中村先生に、世界自然遺産・知床での取組みや、
   環境保全を担う人材の育成について、お話をうかがいます。

11:20 パネルディスカッション(定員120名) 
【北海道の森と生態系を次世代へ〜地域デザインと人の役割】
  コーディネータ/中村太士氏
   パネリスト/
   池上 美穂 氏(知床羅臼観光協会 事務局長) 
   尾前 幸太郎 氏(北海道森林管理局計画課 課長)
   山中正実氏(斜里町立知床博物館 館長)
   金子 正美 氏
    (酪農学園大学環境GIS研究室 教授・きたネット理事長)
 北海道の各地域が、今後、どのような視点で環境を守り
 地域の財産としていくか、次の一手を考えます。
  
13:30 特別企画・札幌報告会!
  「しれとこ100平方メートル運動40年 
成果、そして、これから」
    報告者/斜里町総務部環境課自然環境係  
    玉置 創司 氏

14:30 分科会/環境保全の新しい形、担い手たち

 分科会A/生物多様性保全(定員60名)
  〜新たな担い手をどう生み出すか
   座長/長谷川理氏(NPO法人EnVision環境保全事務所)
    ◆事例1. 地域の力を育てる 
      牛山 克巳 氏(宮島沼水鳥・湿地センター)
    ◆事例2. 意識改革で新たな協力者をうみだす
      有賀 望 氏(公益財団法人札幌市公園緑化協会)
    ◆取り組み紹介/
    1.世界自然遺産の地で、観光と保全を担う
      池上 美穂 氏(知床羅臼町観光協会事務局長)  
    2.知床地域に環境教育の拠点を  
      上野 雅樹 氏
    (公益財団法人知床自然大学院大学設立財団業務執行理事
    3.実践勉強真っ最中!
      上原 裕世 氏・学生のみなさん
    (酪農学園大学実践野生動物学研究室)
意見交換/中村太士氏・山中正実氏・金子正美氏

 分科会B/森林保全・活用(定員40名)
  〜私が生きる森!森を生業とする新リーダー育成のために
   座長/柿澤 宏昭 氏(北海道大学大学院農学研究科教授)
◆新リーダー活動紹介
    足立 成亮 氏(Out Woods/札幌南高学校林指導)
    佐野 愉架 氏(NPO法人もりねっと北海道)
    西埜 将世 氏(西埜馬搬/厚真町地域おこし協力隊)    原野 知有紀 氏(占冠村地域おこし協力隊)
   ◆意見交換/支援者・実践者のみなさん
           
分科会C/環境教育(定員40名)
 〜自然体験学習を通じて、子どもの社会課題に向き合う
    座長/鈴木 玲 氏
    (手稲さと川探検隊 局長・きたネット理事)
◆話題提供1.自然体験学習が社会的養護を必要とする
子ども達に及ぼす効果
     「手稲さと川探検隊」の活動を通して   
    小川 恭子 氏
     (藤女子大学人間生活学部保育学科 教授) 
◆話題提供2.自然環境を心の治療に生かした取り組み
       瀧澤 紫織 氏(江別すずらん病院精神科医師)
◆意見交換/
    高橋 勇造 氏(NPO法人Kacotam)
    定森 光 氏
    (NPO法人北海道NPOサポートセンター)
    他のみなさん

16:15 伝え、拡げるために 全体情報交換会(参加費無料) 
   話題提起「STOP!えさやり
    知床ヒグマえさやり禁止キャンペーン」について他
        玉置 創司 氏
   【進行】内山 到
    (きたネット理事・公益財団法人北海道環境財団)
       宮本 尚(きたネット常務理事)

17:10 閉会式 17:30 終了
18:00 交流会(札幌駅周辺・実費)

ーーー


同日開催
第2次札幌市環境基本計画策定に向けた意見交換会
~私たちが創る「環境首都・SAPP‿RO」~(仮題)
【日時】 2017年12月9日(土)13:30~16:00
【会場】 札幌エルプラザ 4階 研修室1
【定員】 20名 (対象:環境活動実践者)
【主催】 環境中間支援会議・北海道 【共催】 札幌市
※午後、札幌市環境基本計画パブコメWS(仮題)に参加、終了後、全体情報交換会に参加することができます。

ーーー

【日時】12月9日(土)10:00〜17:30 (※9:30受付開始)
【会場】札幌エルプラザ2F 環境研修室(札幌市北区北8条西3丁目)
【主催】NPO法人北海道市民環境ネットワーク
    一般財団法人セブン-イレブン記念財団
【共催】札幌市(予定)
    環境中間支援会議・北海道
      環境省北海道環境パートナーシップオフィス
      公益財団法人北海道環境財団
      札幌市環境プラザ
    (指定管理者:公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会
      NPO法人北海道市民環境ネットワーク
【協力】酪農学園大学実践野生動物学研究室
    (公財)知床自然大学院大学設立財団
    手稲さと川探検隊
【後援】一般社団法人知床羅臼町観光協会 、斜里町(予定)、北海道森林管理局(予定)

【参加費】
きたネット会員・学生/午前700円・午後300円
一般/午前800円・ 午後500円
  ※午後のみ参加で、第2次札幌市環境基本計画策定に向けた意見交換会(仮題)参加ののち、情報交流会(16:30〜)参加の場合は無料です。

【参加申込み方法】
◆チラシ裏面の申込書をFAXまたは郵送。

チラシダウンロード
http://kitanet.org/event/2017/2017kitanetforumA.pdf
http://kitanet.org/event/2017/2017kitanetforumB.pdf

◆メール等での申込みは
名前・住所・連絡先(電話・FAX・E-mailなど)・所属(所属団体・企業・職業・学校など)と、
参加プログラムを必ずご記入ください。
※午後の分科会に参加する方は、A・B・C、
 または、第2次札幌市環境基本計画策定に向けた
意見交換会のどれに参加かを明記
※夜の交流会 参加する・しないについても明記
※先着順 各プログラム、定員があります。お申込みが定員を超えた場合はお断りする場合があります。

【問合せ・申込み先】NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」事務局 
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル5階
    Tel. 011-215-0148 Fax. 011-215-0149 
    E-mail. office@kitanet.org

九州

★★★★ 第14回九州環境市民フォーラムinおおいた★★★★

  【テーマ】つながりと協働で未来を語ろう!~大分のうつくし作戦って知っちょん?~

主催:NPO法人九州環境サポートセンター、一般財団法人セブン-イレブン記念財団


九州の環境団体が「身近な環境保全」から「地域の活性化につながる活動」まで
推進する“おおいたうつくし作戦”が展開されています。
本フォーラムで大分に集い、組織や立場の垣根を越えて、九州の未来について語りましょう。

【開催概要】

日   時:2017年11月25日(土)13:00 ~ 11月26日(日)12:00

場   所:アイネス(大分県消費生活・男女共同参画プラザ)
           大分市東春日町1-1 Ns大分ビル2F

参 加 費:一般1000円/学生500円 (2日間の参加費です)

申込締切:11月6日(月)

申   込:https://docs.google.com/forms/d/1ZWjOaRn1rIMg8_2f6xRPIAk4FUtQIZI7Axnt_X-EvJE/edit
または添付のチラシよりお申込みください。

●みらいへつながるユースうつくし作戦活動発表
・う(うみ):県立海洋科学高校「ビーチクリーンアップ活動の記録」
・つ(つち・つながり):ガールスカウト大分県第25団「森はともだち」
・く(くうき):県立玖珠美山高校チーム野菜「バークマットの開発から生産へ」
・し(しんりん):日本文理大学人間力育成センター「大学生による里山保全活動」
・さ(さくせん):佐賀えこいく「遊びを通じた幼児期からの環境教育」
佐賀市市民活動プラザ「佐賀の環境ユース、フォーラム2016後の展開」

●みらいを語ろう話題提供・分科会
「おおいたうつくし作戦の目指すもの」
話題提供:大分県生活環境部うつくし作戦推進課課長梶原浩様
分科会1 自然環境保全
分科会2 地球温暖化
分科会3 環境保全と地域経済
分科会4 環境教育・人材育成
分科会5 食と農

【プログラム】
11月25日(土)
 12:30~ 受付開始
 13:00~ 開会式
 13:20~ ユース活動発表
 14:55~ 話題提供
 15:25~ 分科会I
 18:00  1日目終了
 19:00~ 交流会
11月26日(日)
  9:00~ 入場開始
  9:10~ 分科会II
 10:10~ 各分科会発表・全体共有
 11:10~ 閉会式・挨拶
 11:40~ 終了
 午 後~  エクスカーション ※希望者のみ

【申込締切】11月13日(月)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■申込み・お問合せ
NPO法人九州環境サポートセンター 事務局
〒860-0805 熊本県熊本市中央区桜町2-37
錦桜町ビル3階A号室
TEL:096-277-9660 FAX:096-277-9655
MAIL: info@q-support.org
URL: http://www.q-support.org/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

東海

★★★★愛知・岐阜・三重 環境活動 情報交流会2017★★★★
「山・川・里・海 大交流会」 ~豊かな自然を活かすネットワーク in 三重
主催:NPO法人地域の未来・志援センター、一般財団法人セブン-イレブン記念財団
★★地域の未来・志援センターからのお知らせ★★ 

http://kokucheese.com/event/index/469661/ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

地域の未来・志援センターが毎年開催している「愛知・岐阜・三重 環境活動情報交流会」。
今年は「山・川・里・海 大交流会」をメインに行います。
「山・川・里・海」をテーマにゆるやかな連携を目指していますが、
いざ呼びかけてみると、多くの人が自分たちの活動に一生懸命でお隣さんの活動さえも
よく知らない!?ということに気づきました。
どの団体も自分たちだけで課題を解決できるわけではありません。
まずは出会って知り合って、お互いのことをじっくり話しませんか。

★日時:2017年9月16日(土)   12:30~20:30(予定)
第1部 グループワーク  12:30~16:55(受付開始 12:00)
第2部 懇親会 18:00~20:30(受付開始 17:45)

★場所:じばさん三重 (三重県四日市市安島1丁目3番地18号)
第1部 グループワーク 5F 大研修室
第2部 懇親会 6F 展示室
    ※近鉄「四日市駅」で下車 南改札口を通り、西出口を出て徒歩5分

★参加費:1)グループワーク・懇親会 どちらも参加 / 会員3,000円、一般4,000円
    2)グループワークのみ参加 / 会員 無料 、一般 500円
    3)懇親会のみ参加 / 会員3,000円、一般3,500円
      ※当日ご入会いただいた方は、会員価格にて参加いただけます。

★主催: NPO法人 地域の未来・志援センター / 一般財団法人 セブン-イレブン記念財団
★後援:三重県、いなべ市、桑名市、東員町、四日市市、環境省中部地方環境事務所
★協力:青川ネットワーク、いなべ木の駅 龍華驛、いなべの里山を守る会、NPO法人エシカ、
桑員エコリーグ、NPO法人桑竹会、NPO法人生ごみリサイクル思考の会、
22世紀奈佐の浜プロジェクト委員会、山造り研究所、四日市ウミガメ保存会
いなべ市市民活動センター、環境教育ネクストステップ研究会
環境省中部環境パートナーシップオフィス、なごや環境大学

★申込締切:2017年8月20日(日)
 
★お問合せ:NPO法人 地域の未来・志援センター
〒461-0002名古屋市東区代官町39-18
日本陶磁器センタービル5-D 中部リサイクル運動市民の会内
TEL:052-936-3213 FAX:052-982-9089
E-mail:office★c-mirai.org
 
★「愛知・岐阜・三重 環境活動 情報交流会2017」詳細・申込ページはこちら↓
http://kokucheese.com/event/index/469661/
 

pagetop pagetop