平成27年度(2015)Activity Report 2015

第11回近畿の環境団体情報交流会

第11回近畿の環境団体情報交流会
100団体の事例から、キラリ!を見つけて、ステップアップ

 
全体(Tri

【日 時】平成27年(2015)6月26日(金)12:30 開始(開場12:00)
                  6月27日(土)15:00 終了
【会 場】生駒山麓公園ふれあいセンター(奈良県生駒市俵口町2088)
【参加者】目標数:100名
【実績数】90名 
    (参加者)エコネット近畿会員:36名、一般:42名、学生:12名
    (内 訳)1日目:86名、2日目:73名
【主 催】特定非営利活動法人近畿環境市民活動相互支援センター
       一般財団法人セブン-イレブン記念財団
【企画・運営】近畿の環境団体情報交流会実行委員会2015
【後 援】 大阪府、京都府、滋賀県、奈良県、兵庫県、和歌山県
      大阪環境パートナーシップネットワーク「かけはし」
      奈良新聞社、産経新聞社奈良支局、日本経済新聞社大阪本社
【内 容】
 平成27年6月26日(金)・27日(土) 生駒山麓公園ふれあいセンター

 (奈良県生駒市)にて一泊二日の行程で、第11回近畿の環境団体情報交流会
 を開催し、近畿2府4県ならびに愛知県、岐阜県、青森県から70団体・90名
 の地域の環境問題の解決に取り組む活動団体や個人に参加いただきました。
 1日目は、エネルギー、自然保護・環境保全活動、子どもの環境教育、食と農、
 ごみ・リサイクル、まちづくりなどの多様な活動事例の発表、2日目は、多くの団体が
  課題としている運営事例について発表いただき意見交換をしました。

 参加されたみなさまからは、「異分野・他地域の事例からアイデアをいただいた」
 「連携団体が見つかった」といった感想がよせられ、本交流会の目的とす
る「近畿の
 環境団体が互いの活動内容を共有し、出合う場の提供」について、一定の成果を
 得ることができました。


     *この事業は、一般財団法人セブン-イレブン記念財団の助成を受け開催いたしました。

 開催概要は、こちらから
 開催速報は、こちらから  
 開催報告は、こちらから

第11回環境市民活動のための助成金セミナー

第11回環境市民活動のための助成金セミナー
 
全体(兵庫2)
<兵庫会場>
日   時:平成27年(2015)11月21日(土)13:00〜17:00
場   所:尼崎市立すこやかプラザ
参加者: 26名 (目標50名)
主 催:エコネット近畿、セブン-イレブン記念財団 
共 催:尼崎市
後 援:兵庫県、公益財団法人ひょうご環境創造協会
協 力:
あまがさき環境オープンカレッジ
<奈良会場>
日   時:平成27年(2015)11月22日(日)13:00〜17:00

場   所:天理市文化センター 視聴覚室
参加者: 20名 (目標40名)
主 催:エコネット近畿、セブン-イレブン記念財団 
共 催:特定非営利活動法人奈良NPOセンター
後 援:奈良県、宇陀市、天理市、奈良市、特定非営利活動法人奈良ストップ温暖化の会
協 力:奈良中央信用金庫
内 容: 
第1部  助成金模擬審査ワークショップ
      第2部  各助成団体の助成制度のご紹介(5団体)
      第3部 助成団体担当者への個別質問会
参加助成財団:全国エリア 4団体、兵庫県内 1団体 合計5団体
  (全国エリア)
  ・独立行政法人環境再生保全機構「地球環境基金」                        
  ・公益財団法人河川財団    「河川基金」                          
  ・ 全国労働者共済生活協同組合連合会(全労済)「全労済地域貢献助成事業」
  ・一般財団法人セブン-イレブン記念財団「2016年度環境市民活動助成」  
  (地域の財団)     
  ・公益財団法人ひょうご環境創造協会「ひょうご環境保全創造活動支援事業」

   *この事業は、一般財団法人セブン-イレブン記念財団の助成を受け開催いたしました。

開催概要は、こちら
開催速報は、こちら
開催報告は、こちら

瀬戸内オリーブ基金制度説明会

瀬戸内オリーブ基金助成制度説明会

日   時:平成27年(2015)6月3日(土)13:30~15:30
場   所:エコネット近畿 事務所
参加者:20名
内  容:2015年度より制度変更した「瀬戸内オリーブ基金」の基金担当者をお招きして、
     基金の成り立ち、新しい制度の変更ポイント、記入の上での注意点などをお話し
     いただきました。
     助成採択事業の報告があげられるように、Facebook等の広報手段を準備する
     もしくは、その計画があることを明記するようアドバイスがありました。
     また、実際に過去に2度オリーブ基金を採択した「NPO法人ひょうご森の倶楽部」
     より、採択事業の事例発表を行っていただき、助成団体とのパートナーシップの築き
     方や事業計画におけるヒントをつかんでいただく時間を持ちました。
     個別相談の時間には、実際に計画を進めている団体の活動について、助成対象
     となる活動かどうかなど熱心に質問される姿が見受けられました。
     
     

初めての助成金申請書の書き方セミナー

初めての助成金申請書の書き方セミナー
 
書き方10 書き方4
 7/24 奈良市はぐくみセンター 9/5 宇陀市 榛原総合センター

日   時:平成27年(2015)7月24日(金)13:00~17:00
場   所:奈良市保健所・総合教育会館(はぐくみセンター)1F
参加者:12名

日   時:平成27年(2015)9月5日(土)13:00~17:00
場   所:宇陀市総合センター
参加者:19名(まちづくり協議会12名、NPO2名、宇陀市5名)

内  容:初めて助成金申請に取り組まれる方、何度申請しても採択が難しいと感じる方
     これからNPOを立ち上げようと考えておられる方を対象に、助成金の成り立ちや
     考え方、申請に必要な準備や注意点などをおさえたあと、実際に助成金申請に
     取り組む際に不安におもっていることやわからないことをグループで共有しました。
     その後、助成申請をする事業の企画書を実際につくって、互いに交換して読み、
     より審査員につたわる企画書へとブラッシュアップしていきました。
     最後に審査員になったつもりで、模擬審査をし、再度自分の企画に目を通して
     ワンランクアップの企画のヒントをつかんでいただきました。
     個別質問の時間には、過去に書いた申請書の個別チェックをうけたり、実際の
     申請書を閲覧するなどして、疑問点の整理をしていただきました。


 活動の報告書は こちらからご覧いただけます。

エコネット・カフェ

平成27年度 エコネット・カフェ

第21回「地域の美化活動」
日   時:平成27年(2015)4月28日(火)
場   所:エコネット近畿 事務所
お 話:堀井弘之さん(NPO法人
日本ボランティア研究会Entie
参加者: 4名
内 容:
エコネット近畿最年少会員の日本ボランティア研究会Entie代表・堀井さんを案内人にお迎えして、エコネット近畿事務所のある北区天神橋商店街界隈の美化活動の実際についてお話いただきました。

第22回「南極へ行ってきました」
日   時:平成27年(2015)6月2日

場   所:エコネット近畿 事務所
お  話:米道綱夫さん(鉢が峯の自然を守る会/エコネット近畿)

参加者:10名
内 容:
昨秋から今春まで、南極に旅行された米道氏を案内人に南極についてお話いただきました。船内の様子や、ペンギンをはじめとする野生生物の営みなど、実際に白銀の世界を旅する気分に。しばし涼しいひと時を過ごしました。

第23回「iPhone/スマホとアプリを使って簡単ムービー制作」
日   時:平成27年(2015)9月16日
場   所:エコネット近畿 事務所
お  話:映像クリエーター 酒井敏宏さん、桜井一哉さん、Earthible

参加者: 9名
内 容:iPhoneやスマホとアプリを使い団体活動紹介ビデオを作成して、You Tubeにアップする方法を学びました。3つのグループにわかれ動画コンテンツの企画、撮影、編集、配信作業を体験しました。

第24回「日本の教訓が中国で活かされない~グローバル経済がもたらしたもの~」

日   時:平成27年(2015)10月7日
場   所:エコネット近畿 事務所
お  話:金 紅実さん(龍谷大学准教授)

参加者: 12名
内 容:日本の産業技術移転後の中国における環境汚染の現状とその解決に向けたに日中連携の可能性についてお話いただきました。

第25回「就労移行支援×環境エネルギー~TEAM CHAKKAの取り組みの今」

日   時:平成27年(2015)12月2日
場   所:エコネット近畿 事務所
お  話:西村俊昭さん(TEAM CHAKKA代表)

参加者: 8名
内 容:森林における未利用資源の提供や商品化による就労移行支援活動


第26回「だからESD~つながり深まる環境教育~」
日   時:平成28年(2016)2月23日(火)
場   所:エコネット近畿 事務所
お  話:正阿彌崇子さん(ジュゴン保護キャンペーンセンター)

参加者:17名
内 容:
海外や日本での活動のなかで、「環境と文化」「環境と経済」「環境と戦争」がやがて1つにつながる気づきを得て、実践する若手ESD実践者の話

 

環境NPOスキルアップセミナー

*平成27年度大阪市NPO・市民活動 企画支援事業*
 
 
   この事業は、地域の課題やニーズに応えることを目的とする学習活動や講座や企画を
   募集し助成する「平成27年度大阪市NPO・市民活動 企画助成事業」として開催
   しました。
   実施されたプログラムは、大阪市教育委員会、大阪市立総合生涯学習センターにより
   報告書が作成され、生涯学習の資料として活用されます。


「NPOのための実践マネジメント講座 情報発信力・広報力アップ」
日   時:平成27年(2015)8月25日(火)

場   所:大阪総合生涯学習センター メディア研修室
講   師:今永正文さん(全国環境ボランティアリーダー会事務局長)
参加者:14名
内 容:
NPOの広報は、活動の両輪。その想いや目指すべき姿、団体のカラーをいかに支援者や協力者に「伝え」共感を得ることができるかが、イベントへの興味関心の喚起のみならず、活動の拡がり(会員、ボランティア、連携パートナーの獲得)や資金調達などすべてに共通して重要になってきます。さらに、「伝えたい相手」に応じて相手に届く「伝え方」で「伝えているか」を振り返る時間も必要。そのための情報は、身近なメディア(雑誌、チラシ)を使って収集が可能であること体験したあっという間の4時間となりました。

活動の報告は、こちらからご覧になれます。

「NPOのための実践マネジメント講座 企画力アップ」
日   時:平成27年(2015)11月26日(木)

場   所:大阪総合生涯学習センター 第5研修室
講   師:今永正文さん(全国環境ボランティアリーダー会事務局長)
参加者: 5名
内 容:講座では、(1)意欲や将来性を企画書中に表現する、(2)客観的データを活用する、(3)実績や、これまで表彰歴・報道記事、会員やネットワークのある団体が有する技能を整理してアピールする など、見落としていたり手が回らずにいる内容についてポイントをおさらいして頂きました。また、助成申請など期日に追われて仕上げるのが常かもしれませんが、できれば他のかたによんでいただくなどして複数の目を通すことが、より多くの方に「伝わる」企画書をつくりあげる近道といえそうです。


活動の報告は、こちらからご覧になれます。

「NPOのための実践マネジメント講座 資本調達力アップ」
日   時:平成28年(2016)1月30日(土) 14:00~16:30

場   所:大阪環境情報プラザ
講   師:寺川裕子さん(NPO法人里山倶楽部 理事・事務局長)
参加者:12名
内 容:資金調達の方法として、従来からなじみのある「自主事業」「委託事業」「助成金」「補助金」「寄附金」のほか、最近増えてきた「プロボノ」「クラウドファンディング」といった新しい資金調達手法についての事例紹介をいただきました。 後半のワークショップでは、グループにわかれ第3者(=審査員、支援者の視点)に企画書をみていただき、ブラッシュアップすることで、共感力が増し、より多くの方の支持が集まることを体感しました。


活動の報告は、こちらからご覧になれます。

講座全体の報告書はこちらからご覧いただけます。

CSRコーディネート

○SMBCフレンド証券 CSR懇談会・クリーンアップデー

【日  時】平成27年10月29日(金)9:30~11:30
【場  所】大川・毛馬桜ノ宮公園、大阪リバーサイドホテル 3F 楓の間
【参加者】SMBCフレンド証券内々定者 55名、SMBCフレンド証券 スタッフ 8名
【内  容】(1)活動地の説明・ごみ拾いの注意事項 屋内:大阪リバーサイドホテル 
           最初に、会場となる大阪旧淀川であるお大川の歴史と希少種も生息する河川と
           水辺空間の保全の大切さをについて、このエリアで活動している河川レンジャー
                新里氏より説明。
      (2)クリーンアップ活動  屋外:毛馬桜ノ宮公園
          10グループに分かれ 一般社団法人JEAN監修のごみ拾い調査表を使い、河川
         公園に落ちているごみを調査しながらクリーンアップ活動をしました。
      (3)ふりかえり       屋内:大阪リバーサイドホテル 
           4~5人ずつの小グループに分かれ、クリーンアップ活動をしての感想を共有した後、
                発表。全体で気づきを得ました。
      (4)ごみの現状についてのスライド 
           河川のごみが放置され、海にながれつくことで起きている漂流ごみの問題について
                学びました。

【ごみ調査結果】  ごみ調査

企業と環境NPOの協働セミナー


 協働9
*大阪府環境活動補助事業*
 
 
日   時:平成28年(2016)1月21 日( 木)
場   所:大阪産業創造館
参加者:43名 (目標60名)
内 容:【第1部】協働事例発表 (各社・団体 20分)
          〇大阪ガスセキュリティサービス株式会社 中村重昭さん
          〇積水ハウス株式会社           佐々木正顕さん
          〇NPO法人里山倶楽部          寺川裕子さん
          〇NPO法人日本森林ボランティア協会  山本博さん
     【第2部】パネルディスカッション
          コーディネーター:
          〇エコネット近畿 副理事長  新田章伸
          パネリスト:
                   
〇大阪ガスセキュリティサービス株式会社 中村重昭さん
          〇積水ハウス株式会社           佐々木正顕さん
          〇NPO法人里山倶楽部          寺川裕子さん
          〇NPO法人日本森林ボランティア協会  山本博さん

     【第3部】名刺交換

開催概要は、こちら
開催速報は、こちら   画像は、こちら
開催報告は、こちら

環境フェスティバル等への出展

○環境フェスティバル等への出展
◆「第8回 水辺の匠」 
【日  時】7月19日・20日
【場  所】ウォーターステーション琵琶・アクア琵琶
【参加者】約3500名
【内  容】ウォーターステー本琵琶の会 活動応援、スタッフ参加
       エコネット近畿 事業紹介
◆エコフェスタ in まほろば 2015
【日  時】10月24日
【場  所】奈良県橿原市文化会館前広場
【参加者】約 名
【内  容】エコネット近畿事業紹介、助成金セミナー開催告知
      会員のNPO法人みどり大阪出展による 「タイ・ルンアルン・ファミリーコーヒー販売」40杯
◆「水辺の匠 クリスマス」 
【日  時】12月6日
【場  所】ウォーターステーション琵琶・アクア琵琶
【参加者】約1500名
【内  容】ウォーターステー本琵琶の会 活動応援、スタッフ参加
◆環境フェスタ in 交野   
【日  時】3月13日(日)
【場  所】星の里いわふね
【参加者】約3084名
【内  容】エコネット近畿 事業紹介、迷路に挑戦
      クイズラリー・総合受付 応援スタッフ参加

pagetop pagetop