平成20年度(2008) 活動報告Activity Report 2008

去年に引き続き、趣旨・目的・事業の広報に務めました。
近畿の環境団体情報交流会から立ち上がった企画を
フラッグ事業(琵琶湖・淀川自然環境再生事業)と位置づけ、
平成21年度の本格稼動に向け、協力者への呼びかけ、ネットワークづくりに努めました。

第4回近畿の環境団体情報交流会

日  時:平成20年(2008) 9月7日(日)10:00~16:30
場  所:京都テルサ(京都府京都市)
参加者:119名
内  容:午前の部では、講師に淀川水系流域委員会委員長の宮本博司氏・
     衆議院議員の村井宗明氏を迎え、各講演と対談を行った。
     宮本氏の講演では、洪水が起こるたび高くしてきた堤防の危険性や、
     生態系の破壊などについて話されました。村井氏の講演では、
     カーボンディスクロージャーなど環境政策を解説していただきました。
     対談では、政策の課題や社会構造のあり方などにまで議論が発展し、
     参加者からも積極的な発言がありました。
     午後の部は、「温暖化と水」「水と食料の関わり」「森と河川と生態系」
     「地域河川から感じる現代社会」の4つの分科会に分かれ、
     各プレゼンテーターによる環境問題の現状報告や、今後の実践的な
     取り組みについての議論が活発に行われました。

第4回情交

第4回環境市民活動のための助成金セミナー

日  時:平成20年(2008)12月6日(土)・7日(日) 14:00~17:30
場  所:6日 弁天町市民学習センター(大阪市港区)
      7日 きらっ都プラザ(京都市下京区)
参加者:大阪36人 京都35人
内  容:セミナーは3部で構成。
     第1部では「想いをカタチにする資金づくり」と題した、永井美佳氏
     (大阪ボランティア協会)によるセミナー。
     第2部では、助成団体によるプレゼンテーションと質疑応答。
     第3部では「申請書の書き方講座」と題して、コーディネーターを
     永井美佳氏(大阪ボランティア協会)に迎え、各助成団体に審査の
     ポイントなどについてのコメントをいただきました。
     いかに参加者の皆様に助成を受けられるようになっていただくか」を
     テーマにセミナーを開催し、結果、アンケート提出者の91%に
     「助成を申請してみたい」と感じていただくことができました。

第4回助セミ

各展示会への出展

<エコフェスタ2008inまほろば>
 主  管:まちづくり国際交流センター
 日  時:平成20年(2008) 11月9日(日)
 場  所:橿原文化会館前広場
 来場者:約3000名
  
<きんき環境館 年末環境大感謝祭2008>
 主  催:きんき環境館
 日  時:平成20年(2008) 12月16日(火)~20日(土)
 場  所:きんき環境館
 来 場 者:約100名
  
<環境フェスタin交野2009>
 主  催:かたの環境フェスタ市民会議
 日  時:平成21年(2009) 3月 1日(日)
 場  所:交野市立いわふね自然の森・スポーツ・文化センター
 来場者:約3300名

pagetop pagetop