新着情報Topics

【速報】ささやまミーティング エコネット近畿情報交流会

2020年02月18日 (火) 17:00
   

持続可能な社会・なりわい・暮らし ささやまミーティング
第15回 エコネット近畿 情報交流会

2020年2月14日~15日 @ユニトピアささやま
開催速報

全体写真

<開催概要>
●期 日:2020年2月14日(金)12:30~15日(土)16:30 1泊2日
●会 場:ユニトピアささやま(兵庫県篠山市) http://unitopia-sasayama.pgu.or.jp/
●実 績:102名 (目標100名)
●参加費:一般 12,000円(税、宿泊費、食費3食込) 
      エコネット近畿会員 11,000円 学生 8,000円
●主 催:特定非営利活動法人 近畿環境市民活動相互支援センター(エコネット近畿) 
      一般財団法人 セブン-イレブン記念財団
●共 催:公益社団法人 大阪自然環境保全協会
●協 力:パナソニックグループ労働組合連合会 休暇村 ユニトピアささやま
●後 援:大阪府、京都都、滋賀県、奈良県、兵庫県、和歌山県
      関西SDGsプラットフォーム、ESD支援センター、近畿地方ESD推進支援センター​

<スケジュール>
1日目 2月14日(金)
12:30  開会、オープニング、参加者交流
       事例紹介
        「連携、交流の事例から学ぶ」
      全員参加パネルディスカッション
         「連携、交流の意味とカタチを考える(1)」
      
夕食
      活動発表  10分 6枠×2室 計12枠 
      ミニ分科会 30分~90分 5枠×2室 
      入浴
      情報交換・交流会

2日目 2月15日(土)
      早朝オプショナルプログラム
      朝食
9:00  分科会
      昼食
      ポスターセッション、フリー分科会
      全員参加ディスカッション
       「連携、交流の意味とカタチを考える(1)
       ふりかえり クロージング
16:30 閉会

<プログラム>

オープニング aisatu アイスブレイク
オープニングコンサート 開会あいさつ アイスブレイク

◆「持続可能な社会・なりわい・暮らし」 事例紹介、全員パネルディスカッション
高田研氏 パネル
事例紹介 高田研さん パネルディスカッション

◆活動発表( 10分 / 12枠、2室同時進行)◆◇◆ 2月14日(金)19:00~20:30

◆ミニ分科会( 30分~90分/ 5枠、2室同時進行)◆◇◆  時間割 時間割

棚田ミニ分科会 トランジション


◆早朝プログラム ◆ 2月15日(土) 6:30~  7:30 (希望者のみ*前日23日夜申込み

 A.ユニトピアささやま 里山再生エリア見学 パナソニックエコリレージャパン 山口進さんがご案内
​ B.冬の里山の野鳥観察 大阪自然環境保全協会 後藤裕己さんがご案内
​ C.焚き火と朝とほっとカフェ 西川阿樹さんがご案内
 

里山    
里山再生エリア見学 焚き火と朝とほっとカフェ  
 
 *冬の里山の野鳥観察 鳥あわせ* 2020.2.15  6:30~7:30 参加者12名
    ・確認できた野鳥は散歩の時間では15種類、時間外を含めると16種類。
  
   キジバト(留)、アオゲラ(留)、コゲラ(留)、セグロセキレイ(留)、ヒヨドリ(留)、シロハラ(冬)、
   ツグミ(冬)、ヤマガラ(留)、ジュウカラ(留)、ホオジロ(留)、アオジ(冬)、カワラヒワ(留)、
   イカル(留)、カケス(留)、ハシブトガラス(留)。
   時間外:ダイサギ(留)。
   
   ※(留):留鳥の略で、一年を通して見られる鳥。(冬):冬鳥の略。
   最初にアオゲラの声から始まり、池のまわりでホオジロがさえずっており良く観察できた。
   歩いて行くと、イカル、カワラヒワなどは、群れで鳴きなら飛び回っており、また、カケス数羽
   が鳴き交わしていた。
   池が湛水の最中の為カモ類は観察できなかったが、一方、例年より暖かいためか、キジバト
   や小鳥類が良くさえずっていた。
   最後は、カワラヒワが見やすいところに止まりゆっくり観察できた。

◆分科会( 5 分科会)◆◇◆2月15日(土) 9:00~12:00

  第1分科会「持続可能な社会のためのマネジメントや資金調達」 
         岡見厚志、田中広樹、辻郁子 (ゲスト)小野弘人
  第2分科会「みんなでシェアする『失敗学』」 大西康史、松井裕督、吉成絵里香
  第3分科会「卒業、出産、定年。3つの壁?」 近藤大介、西村牧子、山口進
  第4分科会「森林を活かすアイデアと人材を考え実践する」 余部衛、谷茂則、馬上寛
  第5分科会「森育、農育、食育を考える」 桑原香織、棚田麻美、新田章伸
 
分科会資金調達 分科会三つの壁 分科会「失敗学」
マネジメントや資金調達 卒業、出産、定年。3つの壁? みんなでシェアする『失敗学』
森育    
森育、農育、食育を考える 森林を活かすアイデアと人材  

◆ポスターセッション ◆◇◆ 7枠 2月15日(土) 13:00~14:00
ポスターセッション
     
◆フリー分科会 ◆◇◆ 公募 2月15日(土) 13:10~14:00

フリー分科会 フリー分科会2 

◆全体参加ディスカッション ◆◇◆ 2月15日(土) 14:20~16:00
 

◆ふりかえり ◆◇◆ 2月15日(土) 14:20~16:20
     

 ◆◇◆ アンケートの声 ◆◇◆ 
・コミュニケ―ションする機会がたくさんあった。
 ・インプット、アウトプットする時間が程よく自然隊で買いに参加できました。               
 ・若い子が増えたので、異色の交流が可能になった。
 ・学生の立場から市て、大人の方とあるテーマについて話し合うということは、大きな刺激を受け、自分の人生を考える機会を持った。
・みれなかった発表は、動画(参加者限定で)配信してほしい。
・志を共にする仲間に出会えた。
・「言語」の定義化(意見交換)より、具体的な「アクション」を期待していました。
・多種多様な活動で非常に刺激を受けた。
・発表者、参加者ともに社会をよく使用ということ(何のため)をすんなり共有できると感じました。
・数年ぶりに参加して、参加者の分野が広がっていることに驚きました。異分野異文化の方たちとジャムセッションが楽しめました。ここからはじまる新しいつながりを育めたらと思います。

​ ◆◇◆ 参加者基礎情報 ◆◇◆
基礎情報


 

●運 営:ささやまミーティング2020 実行委員会  
    余部 衛  (やしろの森公園)                   
    岡見厚志 (World Seed)     
    大西康史 (エコネット近畿)  お見送り
    桑原香織 (大阪自然環境保全協会)        
    近藤大介 (ケイゾクエナジー)      
    田中広樹 (大阪自然環境保全協会)     
    棚田麻美(大阪自然環境保全協会)  
    谷 茂則  (谷林業)                    
    辻 郁子  (エコネット近畿)           
    西村牧子 (市民事務局かわにし)
    新田章伸 (里山倶楽部)実行委員長
    馬上寛   (モンベル)
    山口 進  (パナソニックエコリレージャパン)
    吉成絵里香
      (三菱UFJリサーチ&コンサルティング)
 

  第15回 近畿の環境団体情報交流会は一般財団法人セブン-イレブン記念財団の
  助成により開催いたしました。
                              セブン-イレブンロゴ
 

pagetop pagetop