新着情報Topics

7/14,7/27~28 わたしの木育を見つける旅

2019年06月24日 (月) 15:38
会員団体 イベント情報
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わたしの木育を見つける旅(転送大歓迎)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

自分の町の 自然を活かし くらしとしごとを 作る方法。
木育ピープルに会いに行こう。
7/14(日)田舎で見つけたくらしを訪ねる。 @南丹
7/27(土)&28(日)ものづくりが生まれる土地とくらしを訪ねる。 @福知山・綾部~東近江
木育(もくいく)とは幼い頃から木に親しみ、自然を身近に感じることで、豊かな感性を育むことです。
木のおもちゃであそぶ、近くの森にでかける、家や生活道具に国産木材を取り入れる、など。
その発展形として、自分の住む地域の自然(木)を活かしながら、くらしと、しごとを作っている人たちがいます。
そんな「木育ピープル」たちを訪ね、話をきく、ワンデイツアーと宿泊ツアーを企画しました。
自分らしい「木育」を見つけるヒントを探しにいきませんか?
 

●7/14(日)田舎で見つけたくらしを訪ねる●
木育ピープル>>黒竹 芽以さん(田舎くらし部)
[行き先] 田舎くらし部(南丹市八木町日置西下里4)
[時 間] 11:00~17:00   [定 員] 15名
[内 容] 移住しなくても田舎のくらしを体験できる「田舎くらし部」のお話や
活動場所の見学後、BBQランチと野菜の収穫体験をします。
近くの蔭涼寺で木喰仏の拝観や日置集落の散策、お茶タイムもあります。
[参加費] 4,500円(昼食・おやつ代、蔭涼寺拝観料)☆お土産付き☆
※車の方は「田舎くらし部」へ直接お越しください。
公共交通の方は、JR八木駅に集合。(京都方面より10:27着、園部方面より10:23着)
駅にスタッフが待っています。駅より約10分、タクシーに相乗りで行きます。
[申込み] 田舎くらし部
inaka.kurashi.bu@gmail.com / 080-5125-1548
https://www.facebook.com/events/416676828920710/
 
●7/27(土)&28(日)ものづくりが生まれる土地とくらしを訪ねる●
木育ピープル>>井上 慎也さん(クミノ工房)、前田 清二さん(田舎生活研究所)
[行き先] 福知山・綾部・東近江の木育スポット巡り [定 員] 20名
[集 合] 13:10 JR福知山駅 *解散は17:00頃JR近江八幡駅にて
[内 容] 1日目は福知山の桐村製材所と、綾部の木育への取り組みを見学後、
大径木の森の散策、農家民宿泊。2日目は東近江へ移動。
クミノ工房を訪問後、木地師発祥の地を訪ね集落をご案内します。
綾部の森から木のつみきができるまでを辿る一泊二日のツアーです。
[参加費] 18,000円(宿泊代、バス代、食事代、保険代)
[申込み] 株式会社MATATABI
matatabijourney@gmail.com / 0773-21-6745
https://www.facebook.com/events/832976883740351/
※こちらのツアーのみキャンセル料が発生いたします。
ツアー料金の、7日前20%、3日前30%、2日前5%、当日100%です。
お申込は、各ツアーの申込み先へ、メールまたは電話にてご連絡をお願いいたします。
お名前・参加人数・当日の連絡先、交通手段をお知らせください。
定員に達し次第、締め切らせていただきます。

●木育ピープルたちのご紹介●
○田舎くらし部 黒竹 芽以さん○
昔からの田園風景と畜産業が受け継がれる南丹市の八木町で、移住しなくても
田舎の生活を体験できる拠点「田舎くらし部」がこの春より本格稼働しました。
約千坪の敷地には築150年を超える古民家が建ち、野菜作り、養鶏、BBQに
キャンプ、と季節ごとの自然体験ができます。
予約をすれば好きなときに訪れ利用が可能です。生まれも育ちも都会っこだったという
黒竹さん。田舎くらしへの憧れがつのり、縁あって移住が実現しました。誰もが簡単に
チャレンジできることではないから、気軽に体験できる場があれば、という想いが部活
発足の理由です。田舎の特徴を活かしながら「自分が思う最高の時間の過ごし方」を
つくれるのが、ここ田舎くらし部の魅力です。
http://inakakurashi-bu.com

○クミノ工房 井上 慎也さん○
滋賀県東近江市に、大工の伝統技術を取り入れた「きぐみのつみき クミノ」の工房があります。
元々システムエンジニアだった井上さんは、自分のやりたいことを形にしたいと木造建築を学び、
授業の合間に作った木のおもちゃがクミノの原点になりました。
こだわりは積み木の形が一種類であること。自由に発想を広げて組んでいけば多彩な形が生まれ、
子どもだけでなく大人も夢中になって遊ぶことができます。
材料には、日本に多く植えられた建築用の杉を利用。軽く柔らかな肌触りと、どこか懐かしい香り
が部屋中に広がります。「あの山の木でつくったおもちゃ」が実現できるよう、地域の森に植わる木から
作りたい、という要望にも応じてくれます。綾部市の木とコラボした「あやべのクミノ」も誕生!
https://www.kumino.jp
ツアー企画:
きのねっこ(近畿で木育に取り組むなかまたち:クミノ工房・田舎生活研究所・NPO法人 木育フォーラム・
森民・林業女子会@京都・京都ペレット町家ヒノコ・やまぐに)

pagetop pagetop