新着情報Topics

9/19 「共感が生まれるプロジェクトづくり」ご報告

2018年09月20日 (木) 17:10

資金調達に関するスキルアップセミナー
9/19 「共感が生まれるプロジェクトづくり」 ご報告
( 2018/9/19 @平野町シバタビル )

共感1    共感2
               生島 正さん                       当日の会場の様子
      (FAAVO by Canpfire 神戸運営代表)
 
【目 標】 
(1)環境活動団体が助成金をより効率的に活用できるよう情報を提供する。
(2)志を同じくする助成財団と環境活動団体のより良いパートナーマッチングを目指す。

【開催概要】
【日  時】 2018年9月19日(水) 19:00~21:00
【場  所】 平野町シバタビル 3F 大阪市中央区平野町 2-2-6
【講  師】 生島 正さん(FAAVO by CAMPFIRE 神戸運営代表)
             プロフィール:国内No.1のページビュー数、プロジェクト掲載数を誇るクラウ
       ドファンディングサイトCAMPFIRE。講師の生島さんは、神戸を中心に地域
       の活動をクラウドファンディングで応援している。
【内  容】 複数の事例とワークショップを通して、参加者のみなさんが取り組んでい
      る、または、これから取り組むプロジェクトをより共感が得られるプロジェ
      クトになるようブラッシュアップ。  
【参加数】 14名 (目標15名)
【参加費】 一般 1000円、エコネット近畿 会員 800円

これまでに、数えきれないあまたのプロジェクトのクラウドファンディングをサポートし成功へと導いてきた FAAVO神戸 生島 正さんを講師にお招きして、多くの方から共感を得る秘訣をお伺いいたしました。 

    共感3  共感4

「すでにクラウドファンディング中で、残り10日を残すばかり」「仲間と活動をしているのだけれど、イベントになかなか人が集まらない」「会員が増えない」「団体設立趣旨をひろめ、会員も資金も集めていきたい」など、定員を超えるお申込みをいただき、14名のご参加がありました。
資金調達をしたいとき、会員を増やしたいとき、開催イベントにたくさん参加者が集まって欲しいとき、まず第1に必要なのは「共感力」。

 共感7  共感5

では「共感」とはいったい何に基づき得られるのでしょうか?
生島さんは、「合理的な動機」と「信頼」ですと明快にお話しくださいました。つまりは、「この人はいったいなぜこのプロジェクトを企画したのか」「そして、この人はそのプロジェクトをやり遂げることのできる人なのか」それが見えたとき、人は共感を覚えアクションを喚起されるとのこと。
そして、プロジェクトをつくる側に必要とされるのは、共感力はもちろんのこと、実際に行動を起こせるか?いろいろな場にでかけ、繋がりをつくれるか?

<参加者の声>
・自身のプロジェクトを実現する参考になりました!
・プロジェクトをつくっている自分たちの情報をかくして 集客するなんて難しいと実感しました。
・プロジェクトに人がらが出ることで、人が集まるのかなと思いました。
・今までの活動に関して、自信がもてました。これからも頑張っていけそうです。
 
<アンケート結果>
・共感というキーワードについて具体的な手法を学べた。                  
・クラウドファンディング実際に進めるためのイメージがつかめたように思います。
・Facebookを勉強すべきだと思いました。
・クラウドファンディングはいきなり始めれば、資金が集まるというものではなく、事前の情報発信、コミュニティづくりが重要だということを学んだ。クラウドファンディングのポイントなど要点が配布資料として配られるとより理解しやすかったと思う。
・共感を集めるための考え方。カネ集めのためのまずコミュニティづくりが必要だということ。
・クラウドファンディングで具体的にどのような書き方をどのような書き方をすればいい のか、失敗している所はどのようなことがぬけているのかを知ることができ、今後のページ作成に役立てたいと思います。
・今までの活動に関しても自信が持てました。これからも頑張っていけそうです。
・自分たちの情報をかくして、集客する事が難しいという事を実感しました。
・宣伝、プロジェクトの例の紹介。自身のプロジェクトを実現するための勉強になりました。

共感8 共感9

pagetop pagetop