新着情報Topics

2/11・12 実践から学ぶコミュニティ・オーガナイジング

2017年02月04日 (土) 22:00
【会員活動】 あおぞら財団

実践から学ぶコミュニティ・オーガナイジング!
〜西淀川の人々は、どのように公害問題を解決したか?〜
http://aozora.or.jp/archives/27718
 
チラシバナー

NPOや地域団体で活動していて
「もっと地域全体を巻き込むにはどうしたらいいんだろう?」と感じられている方にオススメ!

ちらしはこちら
http://aozora.or.jp/wp-content/uploads/2017/01/chirashi.pdf

「西淀川の空はなぜ青いのか?」と聞かれると、
「えっ?どういうこと??」と思われるかもしれません。

日本が「公害列島」と言われた頃、阪神地域でも大気汚染公害が発生し、
「手を渡したいのは青い空」といった言葉が出されるほどに、空は汚れていたのです。

この公害の中で公害患者の人々は専門家と連携し、様々なアプローチをとりながら、
原因企業や地域の人々との対話をすすめて、問題解決へと進んでいきました。

現在の同地域のまちづくりにもつながっている、
この地域を大きく動かしたムーブメントは、
力をもったエキスパートではなく、
「普通の市民」によって起こされたものでした。

本講座では、地域の問題解決に向けて人々を組織化していく「コミュニティオーガナイジング」の
実践的なポイントを、西淀川の事例に関わった人々の語りを直接聞きながら学びます。

日 時:2017年2月11日(土)10:30〜18:30 懇親会19:00〜21:00
2017年2月12日(日)9:30〜17:30
場 所:あおぞら財団 〒555−0013 大阪市西淀川区千舟1−1−1あおぞらビル
JR東西線「御幣島」駅 11番出口すぐ
参加費:15,000円(学生8,000円) 2日間の弁当、1日目の懇親会費込み
定員:15人(先着順)
コーディネーター 川中大輔氏(シチズンシップ共育企画代表)
・宿泊はゲストハウス(一人一泊 3,000円)の紹介が可能です
・フィールドワークに自転車を使います。苦手な方はタンデム自転車で対応します。

<スケジュール>
2月11日(土)
10:30−12:30 アイスブレーク
12:30−13:30 昼食休憩
13:30−16:00 フィールドワーク
(国道43号、千北診療所、あおぞら苑、公害医療センター、大野川緑陰道路など)
16:00−16:30 休憩
16:30−18:30 ヒアリング(予定:患者会リーダー、企業担当者)
19:00−21:00 交流会

2月12日(日)
9:30−12:30 ヒアリング3名 (予定:弁護士、公害患者、地域の方)
12:30−13:30 昼食休憩
13:30−15:30 整理
15:30−15:45 休憩
15:45−16:45 アクションプランづくり
16:45−17:30 分かち合い、クロージング

2016年度地球環境基金助成事業

<申し込み>webmaster@aozora.or.jp
名前・所属・住所・電話番号・FAX・メールアドレスをお知らせください。

<事務局>
公益財団公害地域公害地域再生センター(あおぞら財団)
〒555-0013 大阪市西淀川区千舟1-1-1あおぞらビル4階
TEL:06-6475-8885 FAX:06-6478-5885
URLhttp://aozora.or.jp/

pagetop pagetop