新着情報Topics

第28回エコネット・カフェ「見えない油『パーム油」速報

2016年07月19日 (火) 15:11
第28回エコネット・カフェ
 
「見えない油『パーム油』~日本の消費とボルネオの熱帯林破壊のつながり~」
速  報

 
7月15日(金)に、第28回エコネット・カフェで、ウータン・森と生活を考える会 事務局長の石崎雄一郎さんにお越しいただき、「見えない油『パーム油』」をめぐって、ボルネオの熱帯林破壊と私たちの暮らしとの関連について、お話いただきました。
まずは、石崎さんから、現地の写真を見ながら、
身近な食品や洗剤に、パーム油が多く使用されていること ⇒ パーム油は、アブラヤシのプランテーションで生産されていること ⇒ プランテーションの開発による熱帯林破壊 ⇒ オランウータン等の熱帯林動植物が行き場を失い、先住民の持続可能な生活が脅かされている、とお話を伺いました。
IMG_0001IMG_0002



   
  

次は、グループ別のボルネオについての○×クイズ。
質問が書かれた9枚の紙を正解順に並べると、一つの円になるというもの。
○×で簡単だと思いましたが、意外に時間かかりました。
円になった瞬間、参加者の皆さまは子どものようにワっと歓声を上げて喜んでいました。
IMG_0019 IMG_0024 IMG_0028






その後、「ロールプレイ」という形式で、参加者の皆さまは、「政府」・「食品洗剤会社」・「プランテーション会社」・「NGO」・「先住民」を演じ、それぞれの立場から、問題を解決するためにどうすればかを考え、発表して意見交換を行いました。
IMG_0041IMG_0043IMG_0048






学びの多い、盛りだくさんの内容でした。
 

pagetop pagetop