新着情報Topics

みんなの大問題!資金調達 ご報告

2016年01月30日 (土) 19:24
*平成27年度大阪市NPO・市民活動団体企画助成事業として開催しました*
第4回 環境NPOスキルアップセミナー NPOのためのマネジメント講座
 みんなの大問題!企画力アップ
開催のご報告
 
資金調達3
 
【開催概要】
日 時:平成28年(2016)1月30日(土)  13:30~16:50
会 場 :大阪府環境情報プラザ (大阪市東成区中道)
実績数:12名

プログラム:
時間    
13:30~ 受付開始  
14:00~ 開会  
14:05~14:30 第1部 資金の概要、NPO法人里山倶楽部での事例紹介  
        講師:NPO法人里山倶楽部 理事・事務局 寺川裕子さん
14:30~16:00 企画立案ミニワークショップ
16:00~16:30 企画のコツ、まとめ、質問等
16:30 閉会
 
環境NPOスキルアップセミナーは、団体の組織基盤力を強化し地域活動を活性化することを目的に開催しています。とりわけ、様々なセクターとの連携事業を行う上で問われるマネジメントについて、毎回テーマを絞りミニレクチャーやワークショップをとり入れてスキルの向上を目指しています。
 
第5回目のテーマは「資金調達力アップ♪」
 今回は、NPO法人里山倶楽部の理事であり、事務局として資金調達を担当してこられた寺川裕子さんをお招きし開催しました。

第1部 資金の概要と里山倶楽部の事例
資金調達2寺川さんが資金調達にはじめてかかわられた2002年当時は、まだ募集される助成制度の種類も今ほど多岐にわたっていなかったとのことですが、現在までに助成申請採択率9割と豊富な経験と実績とチャレンジ精神に裏打ちされた事例を惜しみなくご紹介いただきました。




(1)資金の特徴:各資金のメリット・デメリットをおさらいしました
(2)里山倶楽部の資金調達事例紹介:
自主事業(物販収益)、委託事業、寄附金、プロボノ、クラウドファンディング、助成金についての事例紹介をいただきました。

新しい資金調達について
当日会場では認知度=0だった「プロボノ」は、企業で働く方が、その職業上の専門スキルを活かしボランティア活動をされるもの。里山倶楽部では、現在9人のプロボノワーカーの協力で「Webリニューアル」に取り組まれておられ、その事例について参加者の多くが熱心にメモをとっておられました。
対して、Webで寄附金を募る「クラウドファンディング」は、1年前とくらべ認知度200%アップでほぼ全員がご存じでした。

いずれの資金調達でも、共通するのはいかに「魅力的な企画」をたて資金提供者のこころをつかみ」「わかりやすく伝えることができるか」であることをお話いただきました。

第2部 企画立案ミニワークショップ  資金調達
資金提供者の心をつかむため、実際に企画立案と模擬審査の両方を体験するワークを実施しました。
企画書をグループ内で、カラーシール評価することで、各々の企画の強みと弱みが視覚化されました。
また、グループの中で一番高い評価の企画を さらにグループの他のメンバーアドバイスで、企画ブラッシュアップして発表したところ、全てのグループでブラッシュアップ前より強みが引き立ち弱い部分が補強されたことを実感することができました。

第3部 企画のコツ、まとめ
最後に、企画書を書く際のコツをいくつかご紹介いただきました。
その中でも特に今回のワークショップで実感したのは、第3者(=審査員、支援者の視点)に企画書をみていただき、「伝わるか」「共感できるか」を確認すること。

団体の他のメンバーや第3者(専門外の方、家族など)の意見は、社会の多数意見
と捉え、ひとりで仕上げるのではなく複数の目で共有してみてはいかがでしょう。
​また、春には里山倶楽部さんがいよいよ「里山に水道をひく工事」の資金調達のためクラウドファンディングに挑戦されます。事例研究を兼ね応援し見守りたいですね。

エコネット近畿では、次年度以降も団体運営に欠かせないマネジメント講座を予定しております。最新情報は、ホームページにてご確認ください。

 

pagetop pagetop