新着情報Topics

第10回近畿の環境団体情報交流会 速報

2014年06月30日 (月) 18:11
第10回 近畿の環境団体情報交流会 
わくわくが社会を変える キラリ!NPOフォーラム
~共感ネットワークのチカラ*つながる・つたえる・ひろげる・かわる~
速  報
 
【開催概要】
日 時:平成26年(2014 ) 6月21日(土)13:00開始 22日(日)12:30終了
会 場:生駒山麓公園ふれあいセンター(奈良県生駒市俵口町2088番地)
参加者:71名 (目標 100名)
主 催:近畿の環境団体情報交流会実行委員会 一般財団法人セブン-イレブン記念財団
後 援:大阪府、京都府、滋賀県、兵庫県、奈良県、和歌山県、大阪市
    奈良新聞社、産経新聞奈良支局、日経新聞大阪本社、NHK奈良放送局
協 賛:大坂環境パートナーシップネットワーク「かけはし」

記念写真平成26年6月21日(土)・22日(日) 生駒山麓公園ふれあいセンターにて開催した第10回近畿の環境団体情報交流会は、昨年度と同様に活動発表団体を中心に、大学生ボランティア、コーディネーター、エコネット近畿で構成する実行委員会形式で企画運営し、はじめての一泊二日の開催となりました。

近畿2府4県で地域の多くの共感をあつめ活動する、エネルギー、自然保護・保全活動、環境教育、食と農、ごみ・リサイクル、まちづくりなどの各分野から多様な21の団体に活動発表をいただきました。
 
<1日目>
 I.インフォメーション
   進行:寺川裕子さん(南河内ほわ~っと流域ネットワーク)
   総合コーディネーター:久隆浩さん(近畿大学 総合社会学部)
     最初に、総合コーディネーター 久隆浩さんより今回の交流会の趣旨についてメッセージビデオ  
    を視聴しました。「参加者おひとりおひとりが積極的に動き、新たなつながりや学びを得て頂いて  
    明日からの活動に活かしていただきたい」とのメッセージが届けられました。
 
 II.グループワーク(課題の共有)
    ファシリテーター:新田章伸さん(日本的自然観実践研究会)
    アイスブレイク後、参加者同士日頃の活動内容や課題におもっていることなど
    を互いに紹介し合いました。1つ1つのワークに、参加者全員が集中してご参加になっておられ
    る様子が見受けられました。
グループワーク1 グループワーク2
日本的自然観実践研究会 
新田さん
課題を共有

 III.活動発表(4つのキーワードによる分科会)
    「つながる」「つたえる」「ひろげる」「かわる」の4つの分科会にわかれ、各団体の活動発表をお
    聞きいただき、情報共有・情報交換の場といたしました。
 
分科会1 分科会2
NPO法人日本食品リサイクルネットワーク 
吉田さん
NPO法人環境情報ステーションpico 
大林さん
分科会3 分科会4
NPO法人プロジェクト保津川 
早田さん
公益財団法人公害地域再生センター 
平瀬さん

 IV.意見交換会
    ファシリテーター:宮嶋啓太さん(NPO法人ナック(NAC))
     各分科会への参加者が2グループずつにわかれ、活動発表をお聞きになっての感想や意見を
    共有しました。
意見交換2 意見交換1
NPO法人ナック(NAC) 
宮嶋さん
 
意見交換3 意見交換会3

 <2日目>
 V.期待度No.1団体による活動発表
    
一日目の活動発表後、「この団体の発表も聞いてみたい!」「せひ、この団体の活動をみんな
    にも紹介したい」と思う団体に投票して選ばれた4つの団体による発表が行われました。
 
期待度No.1 期待度No.1-2
NPO法人河北潟湖沼研究所 
番匠さん
道草寺子屋-学- 
矢裂さん

 VI.「わくわく」ワーク ~会員100名増やそう大作戦~
        ファシリテーター:久 隆浩さん(近畿大学総合社会学部)
    「会員100名」は認定NPOを目指す団体にとっては必須の要件。6つのグループに分かれ、
    会員数を2ケタから3ケタに増やすアイデアを出し合い共有したほか、「会員」の定義や「会員
    の特典」についても意見交換がなされました。
 
久先生 わくわくワーク
近畿大学総合社会学部 
久さん
各グループ会員獲得法を発表しました
わくわくワーク4 わくわくワーク1
みなさんワークに集中 NPO法人エコ・リーグ 
百合本さん

  VII.ふりかえりタイム
    ファシリテーター:久 隆浩さん(近畿大学総合社会学部)
    団体の活動に「共感」をしてくれる人はどんな人なのか、その人にどんな風に呼びかけるか、
    その「だれか」はなにを「求めているのか」を知ってアプローチをすることの重要性を、地域住民を   
    巻き込み活動を広げることに成功している地域活動協議会の事例をおりまぜながらお話いた
    だきました。

 奈良新聞(2014/6/23朝刊10面)、産経新聞[2014/6/22朝刊22面)にて記事を掲載
 いただきました。

 産経新聞社 奈良支局 (6月22日掲載)
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140622/nar14062202040003-n1.htm

 奈良新聞の記事はこちらからごらんいただけます。(6月23日掲載)

http://www.nara-np.co.jp/20140623103813.html

以上

pagetop pagetop